DSpace 熊本県立大学
 

Prefectural University of Kumamoto >
紀要論文 >
アドミニストレーション >
第6巻1号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://rp-kumakendai.pu-kumamoto.ac.jp/dspace/handle/123456789/582

タイトル: Language class-size survey findings, 1998-99 : If 'small' is not small, then bigger is better?
著者: Beaufait, Paul A.
発行日: 1999年9月
出版者: 熊本県立大学総合管理学会
URI: http://rp-kumakendai.pu-kumamoto.ac.jp/dspace/handle/123456789/582
ISSN: 2187-378X
出現コレクション:第6巻1号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000199762_beaufait.pdf721.37 kBAdobe PDF見る/開く
閲覧統計

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard